2008年8月29日(金曜日)
  ワコール(株)さんと提携します。

開業の話の続きです。僕が、横須賀に『女性泌尿器科』のクリニックをつくることですが、その施工にワコール株式会社のインテリア部門と提携することにしました。女性泌尿器科専門医のの僕の方針にあった設計ができています。

2008年8月27日(水曜日)
気温の変化に注意!

今週は涼しくなってきましたが、来週から急に熱くなるそうです。すると、体のリズムがくるいます。注意です。コツは、このやや肌寒い時期に、ヨガなどをして体をあためることです。毎日、1回でいいから、少しだけ汗をかくような経験をしましょう。そのことが、血管を刺激して、暑くなっても体力を維持することになります。さて、このポーズは、ヨガの犬のポーズといいます。犬はだれに教わったわけでもないのに、朝のびをしますね。あのポーズです。

2008年8月26日(火曜日)
今日は3件のTVM手術(横須賀にて)
今日は、3人連続してTVM手術でした。みなさん順調におわり、出血もほとんどなく、痛みもなく午後2時には帰宅されました。つまり、楽に日帰りができました。術後からどなたもサンドイッチをたべました。TVMというのは、テンションフリー膣メッシュの略なのですが、この言葉をよく使うのは日本とフランスなのです。僕は、アメリカ出身なので、aIVS+pIVSという言い方をしています。インターネットでTVMを調べたら、英語のホームページでなかなかでてこないのは、このためなのです。将来どのような名前になるかはわかりませんが、骨盤の臓器を10年前の位置にもどし固定するという考え方は、かわりません。

2008年8月24日(日曜日)
和太鼓に参加しました
夏まつりで、和太鼓に参加しました。少し寒くなってきたけど、体はとても熱かったです。

2008年8月24日(日曜日)
学生さんと若いドクターの指導 (東京にて) 写真撮影:私、奥井識仁

あたしく女性泌尿器科を勉強したいと希望してきた若いドクターの指導と医学部の学生さんの指導です。やる気を感じますね。この手術を、たのしく、メリハリをつけて、頑張ろうとという気持ちがあふれています。この写真は、手術が終了宣言直前のもの(写真撮影:私、奥井識仁)。今日の若いドクター小関先生の健闘をみんなでたたえているところです。手術というのは、おおきなイベントですから、手術がおわったらみんなで、『がんばったね!』と褒めあうのが当然とおもいます。がんばったね、小関くん。これからきたいしているよ!

2008年8月23日(土曜日)
このメンバーが今回の手術チーム (東京にて)

難しい手術でしたが、みんなで頑張りました。中心にいて、エアギターのようなポーズをしているのが、今回がんばった小関先生。手術直後の写真です。ギターのようにもっているのは、メッシュです。僕は、右端にいます。

 手術大成功!次回もがんばるぞ!!

2008年8月22日(金曜日)
今週の医学部の学生さんたち

午後の帝京大学では、学生さんの指導を兼ねています。みなさん真剣に勉強していました。
学生さん、よくわかりましたか? この女性泌尿器科のポイントは、いままでの『縫えばいい』『なおせばいい』という発想ではできないのです。『よし自然にもどして、ソフトに手術』『将来、年をとってもしっかり歩けること』を視野にいれて手術するのです。
勉強大変かとおもいますが、がんばってね

2008年8月22日(金曜日)
今日もあたらしい手術方法研究中 (午後:東京にて)

午後は、帝京大学にいます。失禁のあたらしい手術を今日も考案しています。大学病院では、普通では治療できないような、大変難しい患者さんを執刀します。このとき、いままでの手術方法では治療できないので、日ごろコンニャクや鶏肉で予習した新しいテクニックを使います。でも、日ごろから基本手術をすごい件数でおこなっているので、応用がきくようになるのです。基本的な手術のうち、30%ぐらいに世界中でまだしていないような応用が必要になることがあります。

2008年8月22日(金曜日)
今日もあたらしい手術道具研究中 (午前:横須賀にて)

午前中は、横須賀で検査手術をしております。この僕の頭にのっているものは、実は登山用品です。新しい失禁の手術には、どうしても、膣の奥や、直腸の脇の奥などがみえないとできないのです。でも、直腸と膣の間の奥は、前人未踏の領域で、難しいのです。そこで考案したのが、この登山用品。かなり軽量であるのですが、奥の奥までみることができます。きっちり横須賀の患者さんの検査を痛みなく終了したら、、さて、昼から急いで大移動。東京へ。京急線、山手線、埼京線のりついでいきます。今日も患者さんが、待っています。

2008年8月21日(木曜日)
ウイキッド感動でした。

ウイキッドをみてきました。大変感動的な舞台でした。右の絵をクイックすると、予告編をみることができます。
このミュージカルは、オズの魔法使いのもう一つの物語としてかかれたもので、よい魔女と悪い魔女の話です。どちらが善で、どちらが悪ということはありません。どちらも、まだまだ成長途中の少女です。その二人が、オズの国の騒ぎに巻き込まれながら、自分を見つけ出すのです。うちの娘(小学生)は感動して泣いていました。脳の刺激に、みなさんお勧めです。

2008年8月21日(木曜日)
日本TVへ行きました

宮崎駿さんの世界にどっぷりつかってきました。スッキリしますよ。

2008年8月20日(水曜日)
あたらしい手術道具研究中 (横須賀にて)

失禁のあたらしい手術を考案しています。いろいろ考えているのですが、なにより重視するのは価格のことです。日本国で治療を続けるにあたって、アメリカ並みの手術代の請求をしたのでは、大変なことになります。道具も、アメリカの高額な手術代金にみあうように作られるわけですから、やはり、日本に見合うように患者負担をへらさないといけないと思います。そのヒントは、エコです。現在の手術道具の主流はディスポーザブルです。これは、プラスチックのようなものでして、1回使い切りになります。大変効果ですが、感染の予防になります。しかし、日本人は昔から手先が器用なので、金属をうまく加工して、何度もきれいに洗浄して、滅菌して使います。このようなエコの発想なら、手術代金をすこしでも安くすることができます。あいかわらず、手術後に、今日の手術を振り返りながら、コンニャクと鶏肉で研究中。

2008年8月19日(火曜日)

仲良しの看護婦さんと術後に記念写真

今週は、尿失禁と性器脱で、合計5件になりました。みんなの頑張りで、ささえていただいています。
思うとおりに歩めばいいのよ 著ターシャ・テューダー

アメリカ合衆国のバーモント州にすむ女性。若いころは、とても美人であったろうとおもえる風貌で花のおおい庭にたたずんでいました。まるで19世紀の農村の風景のようです。彼女は、庭でとれる野菜や果実やハーブで食事をつくり、自分で織った布で服をつくり、ローソクをつくり、クリームも化粧水も自家製。最近、日本でもよくいわれるようになったロハスとかスローライフといった言葉そのもののような雰囲気です。
『たねをまいて、シャツになるまで育てたことがあるの。縫いあがったときは、人生最高の瞬間だったわ』。日常のことを楽しめば、都会にいても、田舎にいても、どこにいても、楽しめそうと、思います。

参考までに、ロハスとは、Lifestyles Of Heath And Sustainabilityの略で、環境と人間にやさしいという意味です。エコですね。

2008年8月19日(火曜日)
あたらしい手術方法研究中 (横須賀にて)

失禁のあたらしい手術を考案しています。ポイントは、体に優しくて、国民健康保険が使えて、効果テキメンなもの。日常の、ちょっとしたことが、役に立つんですよね。うまく出来れば、いまよりずっと楽に治療をうけることができます。手術後に、コンニャクや鶏肉を、使って工夫を研究しています。

2008年8月18日(月曜日)
NHK教育PM7:00 『気分はぐるぐる』

今日の『気分はぐるぐる』は、主人公のテーラーちゃん(写真中央)が、宇宙飛行士になろうと悪戦苦闘する話でした。テーラーは、自宅でビニールにくるまって宇宙体験をしようとしたり、ブランコでぐるぐるまわって遠心力訓練をしてみたり、ぐるぐるイスでまわりながら歯をみがいたり、大量の風船をからだにつけて空を飛ぼうとしたり、子供らしい無茶な練習をしていました。
僕も覚えがあります。宇宙にあこがれて、大人がみたら何しているのかわからないようなことばかりしてみました。でも、それが楽しいのです。

ちなみに、PM7:00の『気分はぐるぐる』のあとの『すくすく赤ちゃん』もおもしろいですね。アイデア子育てグッズが、楽しみです。

2008年8月17日(日曜日)
オリビア・ハッセーのマザーテレサをみて泣く。

ずっとみるチャンスがなかったので、とうとうレンタルビデオをみました。オリビアの扮するマザーが、少女の死をかみしめるシーンをみたときは、おもいっきり泣きました。右は、英語版ですが、予告編です。

2008年8月17日(日曜日)

蓮の花は、汚れた水の中から花をさかせます

仏像が蓮の花にすわっていますね。この蓮の花にについていい本よみました。元結不動密蔵院住職の名取芳彦さんの本で、この見出しで、般若心経を説明しています。お経の中に、「舎利子、是諸法空相」という部分をだして、「蓮はよごれた水の中からもすくっと茎をのばして花をさかせますが、その茎も花もその汚れにそまることがありません。」と書いています。いー言葉だなあと感心。三笠書房「般若心経 心の大そうじ」533円。こころスッキリ

2008年8月16日(土曜日)
ミュージカルののキャッツにいきました

いつでも、新しいものをたのしみましょう。人間は、感情をつかさどる脳からふけてしまうんだそうです。いままでにない出会いをしてみると、元気になれます。今週も、頑張って働いて、がんばって遊んでおります。


2008年8月15日(金曜日)
女性泌尿器科の夏の対策は、麦わら帽子、扇風機、お茶

とても、とても暑い日が続きます。水分をちゃんととっていますか?夏は、汗になるので、尿の回数はへります。すると、女性泌尿器科の中でも、慢性膀胱炎の人は、尿路についた雑菌をおいだせなくなりますので、要注意。尿の回数がふえるぐらいに、水分をとるべきです。外出には、麦藁帽子。はずかしいとか関係なしで、麦藁帽子をかぶりましょう。そして、家では、クーラーで冷やしすぎると、もう骨盤の冷えがなおりません。ぜひぜひ、クーラーでひやしすぎず、扇風機ですごしましょう。ちなみに、僕の家には、クーラーはありません。いまどき、クーラーのない生活をしてます。

2008年8月14日(木曜日)
十一面観音菩薩さまには、おお笑い顔

この写真は、奈良国立博物館で保管されている十一面観音像です。観音菩薩は、いろいろ変身することができるので、顔が11もある十一面観音や、腕が千本ある千手観音菩薩になることができます。これは、人々を救うために、いろんな超能力があることを表しているのだそうです。さて、今回のいやされるポイントをおはなししますと、十一面観音には、おお笑いの顔がついていることです。それは、たいてい観音菩薩のあたまの後ろにひとつだけありますが、おもいっつきり笑っています。おおきな口をあけたおお笑いです。また、やさしいの顔3つ、おこった顔3つ、さらには、やさしい顔だけど牙がとびでているもの3つがあります。おもしろいですね。十一面観音をみたら、顔を11個、確認してみるのもたのしみです。もし、性器脱でなやんでいて、観音様をみる機会があったら、思い出してください。

2008年8月13日(水曜日)
イリアスの船発見

ナショナルジオグラフィックWebサイトによると、イタリアのシチリアで2500年前に沈没したギリシャの船が発見されたと記載されています。古代史だいすきな僕には、ちょっとどきどきする話ですね。どうやら、ホメロスという詩人の書いた『イリアス』という物語にでてくる船なのです。イリアスというのは、アキレスの活躍を描いた叙事詩です。アキレスの物語は、最近、ブラッドピットが主演した『トロイ』という映画で描かれました。トロイの木馬というのが、有名ですね。こんな話、僕はいやされます。

写真上:今回シチリアで発見されたギリシャの船
写真下:映画『トロイ』より木馬


2008年8月12日(火曜日)


ミニスリング(TSF)手術

テープが短いのでミニスリングといいます。体の中にとめるという意味で、TSFともいいます。

今日の担当の看護婦さんと写真。あいからわず、楽しく手術をしております。
ミニスリング(TSF)手術

本日は3人の方のミニスリングをしました。年齢も、80代、70代後半と、大変高齢な方々です。今日は、平均的な手術時間で、20分前後。出血もこれまでで一番少ない5mlで、で手術を完投できました。術後1時間休憩したら、みんなおにぎりをたべて、そして帰宅されました。よかったとおもいます。患者さんの努力も感服です。このミニスリングは、今いろんな病院で紹介されているTSF手術というものです。皮膚に一切切り込みをいれないことが特徴です。費用は、僕の場合は自作の器具でいれますので、保健適応になる材料だけでできますから、1割負担の人で2万円ぐらいです。いちばん大切なのは、手術したら、自分で元気になろうとおもう気持です。

2008年8月12日(火曜日)
ミニスリング(TSF)手術 in 横須賀

自信をもってがんばった北島選手のように、
今日の手術もがんばりたい!!


2008年8月11日(月曜日)
北島選手、ありがとう!!

北島康介選手が、北京オリンピック平泳ぎ100mで見事に金メダルを獲得しました。その時は、外来をしていたのですが、妻から携帯電話にメールがきました。目がしらが熱くなりました。北島選手!本当にありがとう。

2008年8月10日(日曜日)

主治医から急にメッシュが必要といわれたら、、

僕のところに来る患者さんの悩みに、現在の主治医が膀胱瘤にたいして、あまり詳しい説明もなく、急に『膀胱瘤です。手術はメッシュです。症状があるならします。』と言われたのでこまっているという人がよく来られます。心配しないでください。まず、セカンドオピニオンしてもいいのです。他の医師に是非を聞くこともよいでしょう。
一方で、本当にその主治医で続けられるかも検討してみることも大切です。ある患者さんに、年間どのくらいの件数の手術をしていると、信用できるのでしょうか?』と聞かれたこともあります。僕がおもうに、年間メッシュで30件、メッシュなしで30件ぐらいの執刀があれば、だいたい技術が安定しているとおもいます。執刀というのは、自分で手術をすべて最初から最後まですることです。経験上、そのぐらいの数の執刀で、安定した手術ができるからです。
なお、メッシュあり、メッシュなし、どちらかに偏るものよくないと思います。膀胱瘤の中には当然、メッシュなどまったく必要でないケースもたくさんあるので、全部メッシュであれば、手術の適応がおかしいからです。思い切って、医師に聞いてみるのはいいと思います。一生のことですから。

2008年8月9日(土曜日)
手術は明るく!楽しく!(東京)

いつも思うことですが、手術中はあかるく、みんなで協力しあうこと。頑張った同志、手術がおわれば、ヤッターという充実感を感じること。これが大切だとおもいます。写真は、弟子の常盤先生が、メッシュをいれるまえの記念写真。なぜ、いちいち写真をとるかといいますと、すべての手術が僕たちの思い出で、そして、このメッシュがいい靭帯として、患者さんのカラダをささえてくれるよう願をかけるためです。ハイ、チーズ!今日もいい手術だったね。良い笑顔してるよ!常盤くん。

2008年8月8日(金曜日)
帝京大学で執刀しました(東京)

すべてがおわると、夜おそくなり、JR十条駅の前では、盆踊りがおこなわれていました。一番上で、太鼓を打っていました。うらやましいなあ。僕も和太鼓できたらきもちいいだろうなー。

2008年8月7日(木曜日)
あゆをたべよう

鮎は、藻の香りがからだにしみついた美しい香りでしられるお魚。日本書紀や万葉集にもでてきますから、古くから日本人に愛されてきました。100g中にタンパク質が18g含まれます。
また、アユの腸をとりだして、塩でもんで、お湯をいれてのむと、下痢の特効薬という民間療法もあります

2008年8月6日(水曜日)
きゅうりをたべよう

キュウリは、インドのヒマラヤげ原産。全世界に普及した食べ物です。カリウムやイソクエルシトリンという利尿作用がふくまれますので、たべれば尿が作られます。午前中にとるようにすれば、昼間にどんどん排尿できます。漢方的には、体をひやす陰性食品。冷え性のひとには、たくさん食べるのはすすめません。むかしから暑気あたりに効果があるというのは、利尿作用があるからで、また、食後にお茶で水分補給が大切です。

2008年8月5日(火曜日)
湘南鎌倉総合病院の井上先生

この方は、女性泌尿器科を専門にしている婦人科医の湘南鎌倉総合病院の井上先生です。女性泌尿器科の手術で、婦人科の分野がとても色濃くなって困った場合に、よくお願いしています。

2008年8月5日(火曜日)
夏祭りで、もちつき (葉山)

お祭りのもちつきに飛び入り参加しました。もちつきは、杵をおろすときは、力がいりませんが、引き上げるときが力が必要でした。うーんむずかしい。
2008年8月5日(火曜日)
葉山町 日影祭り

葉山にある日影茶屋という老舗の料亭が、中庭を開放して2日間おこなう夏まつり。40年前から開催していて、飴細工や金魚すくいなど、むかしながらのお祭りがそのまま残っています。

2008年8月4日(月曜日)
昨日紹介したヨガのポーズの補足ですが、チャイルドポーズが、どうやったらわかりやすいかなあと色々考えてみました。そこで、こんなふうに両足にちいさな子供をのせて、高い高いをしているようなイメージを思い浮かべてください。
チワワは高い高いしても喜びません。
ヨガの呼吸
また、ヨガの呼吸は、腹式呼吸です。ただ、医療の現場でもちいる腹式呼吸とは、ややことなり、鼻から吸って、鼻から吐き出します。(慢性呼吸不全の人では、医療では、鼻から吸いますが、はくときは口すぼめにして、口からはきだします。)その際、おへその2cmぐらい下にある丹田をイメージします。丹田に酸素を溜め込むイメージで、お腹を膨らませます。息を吐くときは、逆にお腹を絞るように鼻から吐き出しましょう。
追記:実際にヨガをすると、医療でもちいる口すぼめ呼吸の腹式呼吸の方が、肺などよさそうです。(僕の体験)

2008年8月3日(日曜日)

ダウンドッグ

  • 四つ這になり、息を吐きながら両手両足を伸ばしお尻を高く持ち上げます。
  • 首や頭の力を抜き、リラックスして呼吸を続けます。
  • 背中・肩・脚の裏側全体をストレッチできます。
  • 肩の柔軟性が向上します。

2008年8月3日(日曜日)

コブラのポーズ

  • うつぶせに寝転び、胸のラインに両手をついて準備します。
  • 息を吐きながら、腹筋を締めたまま、肘を伸ばし上体を起こします。
  • 背中の筋肉を強化し美しい背中が作れます。
  • 姿勢の矯正が出来ます。

2008年8月3日(日曜日)

弓を引くポーズ

  • 手は前方へ、足は後方へ引っ張り合います。
  • 足の筋肉の強化と柔軟性が向上します。
  • 背骨のねじれを矯正できます。
  • 集中力が高まります。

2008年8月3日(日曜日)

猫のポーズ

  • 四つ這になります。
  • 息を吸いながら背中を猫のように丸め、息を吐きながら背中をそらし、前を見ます。(何度か繰り返しましょう)
  • 骨盤周辺の血行を促します。
  • 背骨を柔らかくし、姿勢矯正にも効果的です。
  • 頭痛対策にもなるので、目はおもいっきり上を見てください

2008年8月3日(日曜日)

チャイルドポーズ

  • 膝を胸に近づけ体を小さく丸めます。
  • 腰部周辺の緊張を解くことにより全身の疲労回復が図れます。
  • 便秘にも効果的です。

2008年8月3日(日曜日)
女性泌尿器科では骨盤の冷え対策が重要
骨盤の冷えでなやんでいるかたは、しばしば頻尿・陰部の不快感などで苦労しています。みなさんに、寝る前にヨガかピラテスをすすめています。以前、ピラテスを書いたので、今回はヨガ

なお、ヨガは女性泌尿器科では骨盤の冷えが本当によくなるのでおすすめ。腹式呼吸だけが心配。できたら、骨盤底筋体操がちゃんとできているか、病院でたしかめてから、どんどんするといいとおもいます。

2008年8月2日(土曜日)
横須賀開国際の花火でした。この花火は、4年前からはじまっています。うみかぜ公園には、花火を一目見ようと、横須賀の人たちが集まります。一万発の花火が打ち上げられます。
こちらが、ポスターです。

2008年8月2日(土曜日)
帝京大学で指導中 (東京)
彼は、僕の女性泌尿器科グループの中でも、メキメキ腕をあげている帝京大学の斎藤先生です。丁寧な手術で、確実性をたかめようと頑張っています。慎重であることが、彼のとてもよい才能。臨床は、丁寧であればあるほど、状況がみえてくるものです。僕のところへ受信して、その後大学での手術がよいと僕が判断した場合、僕から彼を主治医にお願いすることもありますが、それは、彼がとてもお勧めだからです。

2008年8月2日(土曜日)
玉三郎さんに感激

今日は、NHKハイビジョンで、坂東玉三郎さんの特集をしていました。細部までこだわった玉三郎さんの仕事は、外科医の手術にとても良く似ているとおもいます。彼は、若いころ働きすぎで『うつ』になったこともあったのだそうです。でも、体のメンテナンスをして、のりこえてきました。52歳の現在でも、まだまだだわりながら、舞台を研究しながら、続けているというのが、とても参考になりました。僕もがんばろうと思うのでした。

2008年8月1日(金曜日)
夏なのでサマーカットにしました
でも、暑いです    チワワ

2008年8月1日(金曜日)
今日は来週の女性泌尿器科手術の患者さん達の手術の予習をしました。道具は、米国に発注すると自費診療になってしまうので、日本で認可された道具や自作の道具をそれぞれ選んで、消毒へ提出しました。これで国民健康保険で手術できるから、金銭的負担が減ると思ます。そのあと、病棟まわりをして、いつも通院していたおじいさまの患者さんに、買ってきたお守りをあげました。とてもよろこんでくださいました。
さて、開業ののことは、今日は機器の選定に着手しはじめました。泌尿器科だから、内視鏡は必須なのですが、今の病院の内視鏡は大きくて痛いのが問題であるので、コンパクトな機種を選んで注文しました。内視鏡のベストは、やはり日本性だとおもいます。ただ、女性泌尿器科専用というわけではないのが僕にとっては不足なところ。だから、日本性の内視鏡を購入して、その画像処理などは、自分でパソコンソフトをつくることにしました。意外なソフトが役に立ちそうだとおもいました。そのソフトを参考に、自分で作成をはじめたのです。


右の写真は、ハーバード大学医学校の図書館に飾ってある歴史的な膀胱の内視鏡の手術道具です。つい最近まで外見が似たような形の内視鏡を使っていたので、ずいぶん患者さんを痛がらせないように工夫をかさねたものです。これからは、最も痛くない時代が来ます!!

2008年8月1日(金曜日)
ちょっと時間がとれたので、BS朝日にて放送されているBBC地球伝説『消えたアトランティスへの扉 ~水底の古代都市ヘリケの謎』を見ることができました。すごく感動的です。『古代ギリシア都市のひとつ・ヘリケは紀元前373年に地震と津波によって破壊され、そしてそれ以来海の底から発見されていない。考古学者たちはアトランティスの伝説と関連があると信じられているこの失われた都市を何十年もの間探し続けてきた、しかし今まで手がかりは何も見つかっていない。新しい地質上の証拠により、科学者たちは初めて、海底ではなく地上の「失われた宝」の痕跡を見つける』というもので、あきらめずに正確に分析していく科学者の執念のようなものが、すごいです。

2008年7月31日(木曜日)
ご注意ください

僕は、女性泌尿器科の患者さんたちへ、骨盤の冷えをなおすのに、ウオーキングをとてもすすめています。でも、この数日の暑さは、ハンパじゃありません。熱中症になりそうです。ウオーキングをするなら、早朝5時からと、夕方6時過ぎでないと、体が心配です。また、ウオーキングの前後は、十分に水分をとりましょう。1時間のウオーキングで、およそ、500mlは必要でしょう。

暑すぎます。これで、朝6時の太陽ですか?? チワワ

2008年7月31日(木曜日)
今日は、レセプトの日でした。朝、今週手術した患者さんたちに電話をして、100%元気になったことを確認したら、デスクワークだけした。レセプトというのは、診療報酬明細書というもので、社会保険庁に提出する書類です。神経をつかう作業です。毎月、月末だけは、予約や外来をなしで、緊急の人だけをみるようにして、詳しく書類作成をしています。みんな、国民健康保険にしたいのです。必要のない自費は望ではありません。

← 帰宅後は、娘とチェスをしました。負けました。

2008年7月30日(水曜日)
チワワは、暑くても食欲にはかてないのです。
暑いですね。脱水には注意してください。チワワ なにか美味しいものくれるのですか?チワワ

2008年7月30日(水曜日)
感謝、感謝です

朝、昨日に手術した患者さんみんなに電話をして、元気なことを確認して、今日がスタートしました。僕が、開業すると言ったら、ほとんどの患者さんが、よろこんでくれました。とくに、何人かの患者さんは、『えー、先生、横須賀にのこってくれるの!!嬉しい』といって泣かれてしまったので、ありがたいと感じました。
般若心経の一部に、『菩提薩埵』(文字化けしていたらごめんなさい。『ぼさった』です。)という言葉あります。悟りにいたるのに、仏様の真似をしてみてごらんなさいという教えで、ブッダは座禅をして悟りをしたのだから、そのまねをして座禅をしてみようというとらえ糧ができるそうです。また、別の本には、その人なりに生きてみようと説明しています。その本では、たとえとして、ガンになったとき、ガンになったことを嘆くのではなく、その人なりにガン患者として、楽しく時間を過ごそうというものです。その人がその人らしく生きるには、難しいことはいりません。そばにいれば、その人は気持ちをわかってくれて、その人なりに行きることができるということでしょう。それが、ブッダの真似をしてごらんという、悟りかもしれません。僕は、ありがたいことに、開業すると聞いただけで、横須賀に腰をおろすことを、自分のように喜ぶ人たちが、そばにいます。その人たちののおかげで、自分らしく自分ののもとめたような医療ができるようになってきたでしょう。感謝。感謝。

オークラ出版からでている仏様の絵本(おすすめ)

2008年7月29日(火曜日)
手術日こそはスッキリ

今日は、尿失禁と性器脱と便失禁と、合計4件をこなして、かなりつかれました。みなさん、ほんとうに元気に、日帰りでかえられました。明日がんばりたいので、そこで、夜は、ジムへいって水中ウオーキングと、水中エアロビクスをしてみました。一生懸命したら、まわりにいた参加者の人たちから、「ナイスファイト」とほめられました。スッキリ!

2008年7月29日(火曜日)
泌尿器科外来に『ぽにょ』ポスター貼る

病院の外来に、宮崎駿監督最新作『崖の上のぽにょ』のポスターを貼りました。いまや、横須賀市立うわまち病院の泌尿器科は、外来患者さんの数がダントツになっています。にもかかわらず、僕がテッテーした丁寧外来をするので、看護婦さんたちの苦労は並ではありません。余分な仕事を僕にさせないで、僕が患者さんに集中させるようかなり気をつかいます。だから、ほっと一息いれるためにも、スタッフのかべに和むようなものを貼っております。今は、ぽにょですね。

2008年7月29日(火曜日)
クリニックでの価格設定を考える

開業で一番考えなければならないのが、価格の設定です。尿失禁・性器脱・便失禁の分野は、とても進歩していてアメリカ製の道具を輸入して手術する施設が、多少出てきましたが、そのどれも、自費で40万とか、70万とか、かなりの高額です。これらの道具のほうが、より安全で出血がすくないというのが、その広告にあります。でも、僕のアメリカの師匠は、それらの道具を使わずして、ほとんど出血なしに手術をしています。僕もアメリカの師匠と同じレベルの手術ができていると思います。となれば、わざわざ高額な材料を輸入しなくてもいいのですから、日本の国民健康保険を使うことができます。つまり、1割負担の人で、17000円から25000円ぐらいというところです。本日も手術日で3人の方が、日本の国保適応で手術されました。みなさん、日帰りで元気に帰られました。工夫次第と思います。でも、輸入した最新がいいという人には、自費診療として輸入しておこなうような方法も作ろうと思います。

     写真は、師匠のライリー先生のオフィスのあるビル→


2008年7月28日(月曜日)

師匠のような開業医

自分のオフィスをもつというこは、アメリカの師匠とおなじ道をあゆむことになります。大学教員を続けながらですから、まったく師匠とおなじですね。左は、師匠のオフィスの入っているビルの玄関にあった写真。ブルックライン1丁目という表札。きれいです。

師匠の考え方は、患者の支払ったお金は、すべてホスピタリテイ(接遇という意味の医学用語)で患者に還元すること。僕もおなじものを、めざそうとおもいます。それには、手術費用をできるだけ、国民健康保険をつかいながら、かつ、もっとも高度なレベルの治療を提供できること、このために、もっと自分をみがきたいとおもいます。


2008年7月27日(日曜日)
今日は、横須賀のお祭りです。開業予定の安浦町の盆踊りにでました。この街は、もともと港でした。そのため、安浦神社は海岸にある小さな神社で、昔は漁師さんたちの安全をお祈りしていたのでしょうね。小さな場所に、いっぱい人があつまり盆踊りをしております。子どもたちは、開国おんどや、横須賀おんどや、ありがとうおんどを、踊って最後におかしとアイスを手に入れます。

2008年7月26日(土曜日)
この写真は、僕の一番の理解者の帝京大学教授の堀江先生です。昨夜は、おそくまで、二人で日本の泌尿器科の未来について話し合いました。彼は、僕にとっては、兄であり、師であり、先輩であり、古い友人です。この先生から、たくさんの勉強をしてきました。きめたことがあります。それは、現在の病院を退職して、横須賀にて開業することにしました。いままでどおり、女性泌尿器科の手術をできるような”手術室開業”です。大学の教官は続けますので、いわば、いままでより多くの患者様を手術できます。手術待ちの待機時間は大幅に短縮できます。ハーバードにいる師匠とよくにた活動ができます。がんばろうとおもいます。

2008年7月25日(金曜日)
Dr奥井 ただいま執刀&指導中(帝京大学にて)→

帝京も独協も、女性泌尿器科のメンバーは、熱心ですね。一緒に手術をしていくかいがあります。ひとつひとつの手技を丁寧におこなえば、時間はかかりますが僕のレベルについてこれます。

2008年7月24日(木曜日)
こどもの包茎に対しては、基本的に手術をしない方針でおります。まず大切なのは、包皮に傷をつけることで、本人が将来悩んだりしないようにしたいからです。1年間かかりますが、こつこつ薬を塗りながら、包皮をのばしていきます。やがて、手術したごとくに、きれいにしあがるのです。横須賀では大変評判がよいです。

(今日も外来が、60人を超えました。多い日は、100人近いです。今日は、朝から重症の人がいて、そして、昼にも重症の方がおられました。みなさんにお待たせしないように、予習をして、プリントを用意してテキパキと頑張りましたが、市民病院なので、救急の人がくるとおおはばに時間がおくれます。みなさま、すみませんでした。)

県立大学駅にあるスワンベーカリー 『紅玉リンゴのボレイヤ140円』;素朴においしい

2008年7月23日(水曜日)
横須賀コロッケ→

うわまち病院の出口のところの
いつも混んでいるコロッケ屋です。
安くて、その場ですぐあげてくれます。
写真はメンチカツです。

2008年7月22日(火曜日)
今日は手術日でした

これで、この6月7月の約2か月弱で、横須賀市での件数に、帝京大学と獨協医科大学の件数を足して、尿失禁手術(TOTとTFS)が7件です。性器脱手術が、25件です。便失禁が、2人です。特に、横須賀市で僕が執刀した患者様は、80代後半のおひとりをのぞいて、全員日帰りで帰られました。麻酔も問題なくかけることができ、術後3時間で歩行も安定します。手術中に吐き気を感じた方が2名いましたが、どちらも精密検査の結果、問題ないとわかり、あたたかいお茶をのむことで回復しました。
あたらしい手術の手術時間もさらに、的確かつ短縮し、現在は尿失禁は30分出血5から15mlでおさまるようになりました。ありがたいもので、おおくの患者様は、術前の僕の話や説明文(なんと20ページもある)を完読してきてくださり、多くの知識をつけてのぞまれています。手術中のストレスで吐いた場合は、吐き気をおさえる薬を多用するより、温かいお茶をのんで、さらに、胃の上にあたたかいお茶のペットボトルをおいておくとなおります。
このように、その人その人の本来の力引き出すように手術するには、みなさんの理解が大切ですが、僕は患者様に恵まれるようで、みなさん頑張っておられます。

2008年7月21日(月曜日)
← 娘の百人一首の練習を邪魔する犬です。

78時間連続勤務中です(疲れた)

この連休は、木金土曜日と連続勤務で、へとへとでしたが、自宅で救急の待機をしていました。幸い、一度も呼び出しもなく、僕は、体力調整と勉強に時間をかけることができました。仕事がいそがしいと、つい、家では寝て過ごしますができたら有酸素運動をして体を調整して、そして頭のトレーニングがいいです。毎日勉強しないと遅れますので、、

2008年7月20日(日曜日)
焼き肉をたべました。

大津苑という店で、
関東中の焼き肉屋さん
の中でも断トツのうまさ。
←三重牛などたいへん
美味しいです。

横須賀に受診の際には
おすすめの店です
(平日は夕方からの営業)
17:00~23:00
土日祝日は16時~22時営業。
人気のメニューは、
三重さんサーロインステーキ
これは、まぐろの大トロの
ような味で、さっとあぶるだけ。
←アンニン豆腐プリンは
絶品です。
ゆっけ→
を最初にたべるのもよいです。


2008年7月20日(日曜日)
おしらせ(泌尿器科は完全予約制ではありません)

横須賀市立うわまち病院では、予約制をとっていますが、病院の方針でもあり当日の新患の方もうけております。紹介状は必要ありません。予約制にすると、受診まで1年待ということに、なりかねないので、頑張っています。
ただし、当院の婦人科・消化器科などは、横須賀市や病院の方針で完全予約制で、当日に新患で受診することはできません。ですから、泌尿器科に来た方が、そのまま、ついでに婦人科でがん検診とは、できません。
泌尿器科の外来は、毎週、月曜日、水曜日、木曜日と、隔週土曜日をしています。火曜日と金曜日に手術を、一日中しています。月曜日、水曜日、木曜日は、予約の患者様が、だいたい50人から70人ぐらいいます。新患の方は、24人ぐらいです。努力をしておりますが、ときに、朝1番に救急車で大変重症な患者様がくると、おおはばにみなさまの予約時間がずれ込むことがあります。
僕自身も、待たせる時間が少なく済むように、予約の方に関しては、事前に、その人その人の病状の説明書などを事前に作製して、診察と同時にお渡しして、できるだけ理解を深めでも、時間をはやくおわるよう努力しています。
どうか、ご理解のほど、よろしくおねがいします


  

2008年7月19日(土曜日)
神奈川県三浦市の三崎港のお祭りです。
この地区の患者様はいいので、見学にいきました。当直明けで眠かったのですが、見ることができてよかったです。
この三崎の人たちの誇りというか、地元の感じがとてもよくわかりました。

2008年7月19日(土曜日)

帝京大学(東京都板橋区)の女性泌尿器科の若手の常盤医師です。
東京・埼玉の人は、彼女に相談すると僕に直通で連絡がくるシステムになっています。女性泌尿器科をしっかりおぼえようと彼女は本当にがんばっています。
Dr奥井ダイエット中
18日(金曜日)の内容
体重71.8kg
食事 1800k
ウエスト84 cm
運動内容:
水泳50m x 50本
ジョギング 30分




2008年7月19日(土曜日)
三崎港へいくと海の幸がたくさん食べることができます。
左端の写真は、まぐろのずけ丼。いろんな店がありますが、写真は庄和丸(1500円ぐらい)のものです。
真ん中の写真は、はまゆうの店内に飾ってある漁師さんの絵で、ここは小泉元首相などが来て食べている写真があります。
はまゆうでは、マグロをいろいろアレンジしていて、マグロのコロッケはおいしいらしい。右端の写真は、魚音の本店の軒下に
日干しとして売られているイカです。

2008年7月18日(金曜日)
暑いですね                 チワワより


2008年7月18日(金曜日)
ただいま当直中です。

36時間連続勤務なので、かなりしんどいです。医師不足ですね。
それでも、ミスがないようにがんばらないといけないです。なお、当直は、泌尿器科医師が極端に三浦半島には少ないので、神奈川県全体から泌尿器科の患者様が来られます。たいてい、1時間弱寝ることができたらいいほうです。
医師不足を感じたのは2000年ごろからですが、この2年ぐらいからは、極端になってきました。

でも、万全をしたいので、筋トレを連休は頑張ります。

2008年7月18日(金曜日)

獨協医科大学越谷病院
女性泌尿器科の責任者の
八木講師です。
埼玉や栃木の人は、彼に相談
されるのもおすすめです。
僕のグループの中でも
情熱と研究熱心はピカいちです。
Dr奥井ダイエット中
17日(木曜日)の内容
体重71.9kg
食事1400k
ウエスト85cm
運動内容:なし

2008年7月17日(木曜日)
僕の麻酔、評判とてもいいです(うれしいです)

大学病院へ教えに行くようになってついでに、麻酔科の先生にいろいろ質問をして勉強を深めている。その効果もあり、僕の麻酔は一段とよくなってきた。

元来、泌尿器科医である僕ならではの麻酔は、陰部神経のブロックである。この麻酔は、アメリカで疼痛管理部門に無理に研修させていただいて、覚えた。

骨盤の骨の仙骨の小さな2mmの穴から針をいれたり、膣や肛門から針をさして陰部の神経を直接45分麻酔をかける。この時間なら、僕の性器脱の手術は速くメッシュの手術(TVMとみんなが呼ぶもの)も45分ぐらいであるから、十分手術がおわる。手術後、2時間すると元気にみんな帰路につく。僕は、お見送りに玄関でタクシーに手をふっておくる。

それを可能にした麻酔である。

この女性は
とても努力
された。
治ってくださり
そして、こんな
おしゃれ服を
みせてくれた。
ありがとう
ございます。
Dr奥井ダイエット中
16日(水曜日)の内容
体重71.8kg
食事1400k
ウエスト84cm
運動内容:
競歩1時間



2008年7月16日(水曜日)
Dr奥井ダイエット中
15日(火曜日)の内容
体重72.8kg
食事1400k
ウエスト85cm
運動内容:
水泳クロール
50mを1分サークル
にて60本
筋トレ(軽め)30分

ストレッチ・スイム

水泳は大好きです。
僕の水泳の基本は、
写真のようにゆったり
泳ぐクロールです。
試合に出るときは、
下半身を鍛えて競泳
用のトレーニングに
しますが、普段は
つかれない程度の
ストレッチスイムです。

2008年7月16日(水曜日)
横須賀での近況報告

横須賀市立うわまち病院では、泌尿器科は、医師1人体制で、すべておこなっているので、いろんな点で、患者様にご迷惑をかけてすみません。
病院は、循環器科や脳外科や小児科に力をいれていて、多い科は10人前後の医師を擁しております。このことと比較して、僕の健康を心配をしてくださる患者様がたくさんおられます。本当にありがとうございます。
(心配のあまりに、お弁当や、お昼の差し入れを、毎回たくさんいただき、本当に感謝です)
しかし、この状況を解決しようと、努力したことで、かえって、尿失禁や性器脱の手術を、適切に、すばやく、できるように、自分自身も変身しつつあります。

まず、横須賀市立、帝京大学、獨協医科大学の3病院の手術室をつかえるようになり、以前にも増して、多くの患者様の手術にとりくめるようになりました。帝京大学や獨協医科大学には、僕のグループがあり、グループの仲間が困るような尿失禁や性器脱の患者様が受診されると、僕のところに連絡がくるシステムをとっています。

次に、横須賀では、日帰りが完成形になってきました。僕自身、麻酔を研究し、日本人にあう日帰り麻酔が上手になりました。国家的問題の麻酔科医師不足から、勉強しはじめたのですが、かなりよい麻酔です。また、日帰り手術をすることで、院内感染はありません。現在、日本中の病院は混合病棟で、性器脱の手術後の患者さんのとなりに、肺炎の患者さんが入院していることが日常です。しばしば、肺炎をうつされることがありました。しかし、このことがなくなりました。

そして、日帰りで手術をすることで、高齢者にも、かえって十分手術ができることがわかりました。いままで、高齢者の方は、頚椎症などで、麻酔をかけることすらできませんでした。しかし、日帰り手術の麻酔では、神経ブロックだけですから、負担がありません。なんと、人により朝食をたべてから、麻酔をかけれます。このことで、食事などを日常のまますごして、手術をうける。つまり、認知症の悪化も心配なくなりました。

最後に、医師不足から泌尿器科でありながら、外科当直や消化器科の患者様をかず多くみてきました。もちろん、下痢や便失禁などです。がんはありません。この経験が、留学時代の知識を、より堅実なものにかえ、いまや、尿失禁、性器脱、便失禁と、骨盤にかかわるすべての術式が、アメリカの師匠以上のレベルを維持できているとおもいます。師匠もほめてくれました。
医師不足がまねいたとはいえ、がんばって、かつ、楽しさをわすれずに、とりくめた、そしてそれを、認めて、僕を支持してくれた患者様たちのおかげだとおもいます。


  


2008年7月15日(火曜日)
減量ランニングのすすめ

減量ランニングを知ったのは、福岡大学体育学部田中宏暁先生という人の『フルマラソンを完走しよう(ナツメ社)』を読んだときからです。ほんの少しの食事制限とランニングにより自然に脂肪を除いて、体重をおとして、そして走るのを楽にするものです。
1kgの脂肪をそぎ落としたいと考えると、7000キロカロリーのエネルギーを消費しないといけません。1Km走ると、ほぼ体重分のカロリーを消費しますから、僕の場合は1km走ると70キロカロリーになります。これは、ゆっくりペースで走ってもおなじです。だから、過労を翌日に残さない程度の走りがちょうどよいのです。ルンルンランニングといいまして、走っていて汗をほとんどかかない程度のランニングです。その速さですと、1時間ぐらいのランニングは無理なくこなせます。僕の場合は、1時間で8km強走りますので8x70=560キロカロリーつまり、おおよそ600キロカロリーのエネルギーを消費することができます。週に3日走れば、1か月で7200キロカロリーですので、脂肪を1kg減らすことができます。

2008年7月15日(火曜日)
さて久し振りの本格ダイエット外来が異常なほどに混んでいて病院のほとんどの科が午後2時にはおわっているのに、僕のところだけはこのところ毎日午後7時ごろまでかかりダントツに動けない。運動不足は必定。
そこで、朝と夕の2回にわけて競歩を
とりいれた。歩くのは、疲れる必要はないと思う。できるだけリラックスして、距離を
稼ぐことが大切。
よく、疲れるまでガンガンされる人いますが、ダイエットだけのためなら心拍数120ぐらいでも十分効果です。


僕は、横須賀
で頑張っています

  
Dr奥井ダイエット中
14日(月曜日)の内容
体重73.8kg
食事:1400kcal
ウエスト85.5cm
(ソイジョイをうまく利用して
カロリー制限)
運動:朝競歩1時間(600k)
夕競歩1時間(600k)

2008年7月14日(月曜日)
いわしをたべよう

イワシは、初夏からのお魚。イワシは、漢字で「鰯」とかきます。魚へんに、弱い? 実は、水揚げされると、すぐ死んでしまうので、風味がわるくなるために、新鮮でないといけない魚だからこんな漢字をかきます。イワシは、紫式部をたべていたほどで、日本人にはたいへん馴染みがあります。血栓を防ぐEPAや脳の働きをたかめるDHAがとても豊富です。カルシウムとビタミンDが豊富ですから、骨そしょう症にはもってこいです。。

2008年7月14日(月曜日)
大変なことに気がついたら4kg体重が増加!おそらくお中元でいただいたそうめんやら、とにかく食べて、さらに夏休み中に食べ放題をしていたので、いけなかったようです。
有酸素運動も全然できていないのも原因。そこで、4年ぶりにダイエットを計画します。
日ごろ、患者さんに『どうやったら体重減らせますか?』といつも聞かれているだけに、今回のダイエットは頑張りたいと思います。

  
Dr奥井ダイエット中
13日(日曜日)の内容
体重74.6kg
食事:2400kcal
ウエスト86.5cm
(4日連続の
天ぷらの食い放題が
よくなかった)
運動:なし(飛行機の移動
だけで過ごしてしまった)

2008年7月13日(日曜日)
サンゴ礁のきれいな海で泳ぐのは、長年の夢でした。
本当に、めずらしく休みが取れましたので、
週末に夏休みとして家族で海外で海で泳ぎました。
たった2日間の夏休みですが、気分転換をはかりました。
撮影にぴったりの日差しをまちました。
38歳からはじめたバタフライで、海を遠泳しているところです。
念願がかなったということろです。泳ぎながら、サンゴと魚がとてもきれいでした。

上の写真は、22階のホテルの一番上から
超望遠レンズで妻が撮影しました
下の写真は正面のカヌーから妻が写しました

2008年7月12日(土曜日)
消毒ひとつも話し合い。

僕のグループでは、手術の時の消毒は、もみあらいで、やさしくあわだてておこないます。少しでも手術をしたあとの皮膚の炎症を少なくしつつ感染を効果的に予防するためです。
(上山講師と常盤医師)

2008年7月11日(金曜日)
僕の母校、ブリガム・アンド・ウイメンズ病院です。

ハーバード大学には、いくつもの関連病院があります。その中のトップ2のひとつです。美しく、活気にあふれた病院です。

さて、面白いところですが、ハーバード大学には附属病院はありません。東京大学には、東大医学部附属病院がありますが、そのような病院がないのです。ボストンにある優秀な病院のいくつかが、ハーバード大学医学校と提携をしているのです。
その提携の方法もさまざまです。有名なボストン小児病院は、会社としてのハーバードが経営をしています。
ブリガム・アンド・ウイメンズは、会社パートナーズが運営をしています。(僕が留学中の話)おなじハーバード大学医学校提携でも資本形態が違うのです。

2008年7月10日(木曜日)
尿失禁の話題です。

ミニスリングという方法があります。
尿失禁のあたらしい手術方法です。
TFS手術と案内している施設もあります。
僕のところでは、わかりやすくミニスリング
と呼んでおります。これは、いままで、
大きく体の中にいれたスリングのテープを
小さくして、必要最低にしたものです。
さて、これは、輸入で60万位するのが
一般的ですが、 僕のところでは、
高齢者の尿失禁に使っています。
ただし、ミニスリングの形状などは、僕の
オリジナルです。僕の工夫した道具なので
普通の尿失禁手術として
保険がつかえますので、
たとえば、自己負担1割の人でしたら
2万円弱で可能です。出血が少なく、
高齢の方が十分なメリットがあります。

2008年7月9日(水曜日)
手塚治虫と環境問題

娘が国語の勉強をしていました。その横で、
聞いていると、どうやら環境問題のことです。
現在サミットで議題にでている今の話題を
取り上げた文章のようですが、それは
ずっと昔に手塚治虫さんが書いたものでした。
エコのことに、世の中が気がつく前に、彼は
環境問題を取り上げたわかりやすい論文を
かいていました。それは、小学生の娘に
とって、本当によい手本として取り上げられて
いました。

2008年7月8日(火曜日)
九州の患者さんが来てくれました。

数年前、彼女のやる気にこころうたれて
手術を引き受けました。
すごく難しい手術でしたが、今では
元気です。
本当に治ってくれてありがとう。

2008年7月7日(月曜日)
横須賀に帰ってきました。

神奈川県、東京、埼玉県とこの3日間わたりあるいて、神奈川県の人、東京の人、千葉の人、埼玉の人、沖縄の人、栃木の人、とずいぶん広範囲の方の診療にあたりました。
さて、次ぎは、体を鍛える番です。カラダを鍛えておけば、アタマの回転がはやくなります。より、精度の高い診察と手術ができると思います。この日、水泳4km、ランニング8km、筋トレ45分、ダンス45分しました。水泳は、38歳から始めました。いまでは、一度の水泳で、25mのダッシュ20本、50mのダッシュ40本、個人メドレー10本、などなどいろいろできるようになりました。すると、体力年齢は30歳になりました。今年43歳なので、10年以上も得をしたわけです。ちょうど、30歳の時は、僕は何をかんがえていたかなあ?それは、アメリカに行って手術を覚えたいとおもったころです。ということは、体年齢30歳ですから、もういちど、10年計画で、なんでも始めることができるのですね!
がんばろうっと!

2008年7月6日(日曜日)
獨協医科大学へいきました。

ただいま熱血指導中です。今日も運動部の雰囲気のまま埼玉までのりこみました。昨日は、東京での執刀&指導だったので、そのまま池袋にとまりました。泊まる日と翌朝に、ランニングをして体の調子を整えました。今日の手術では、術後の皮膚があれないようにするにはどうしたらいいか考えました。ほら、よくあるでしょ,、冬になるとおこるカサカサの肌。手術がすむと、カサカサになることがおおいので、いろいろ試して、よかったものをすすめました。

2008年7月5日(土曜日)
帝京大学へいきました。

ただいま熱血指導中です。みんなでリラックスしながら、注意すべきときは集中して注意して、メリハリよくしています。手術中によくする話題は、どうすれば術後痛みが少ないかの話し合いです。いろんな意見でます。みんな忌憚なく話すので、いい感じです。

2008年7月4日(金曜日)
最近の傾向として、患者さん自身が
受診の際に、最初からメッシュを希望される
場合が増えてきました。そう思って、
自分のホームページを見直してみましたが、
あくまでメッシュは一つの選択にすぎません。
大事なことは、その人の病状、生活、家族
いろんなことを考慮して選択するのがいいと
思います。
僕の米国の師匠もいつもそう言っていました。

2008年7月3日(木曜日)

(なぜ、こんな麻酔が理論的に可能かは、外来で犬のカラダの構造を見ながら説明しております。結構、よくわかります。)
僕がメッシュを用いて手術をする場合は、麻酔も自分でおこないます。麻酔は、留学時代にいろいろ局所の神経を麻酔する方法を勉強したことを、基本に5年かかって日本人向けにアレンジしました。
現在の麻酔方法では、まず、腰から細い管などをいれます。そこから麻酔液を、体重を勘案してうまく注入して、1時間だけ、しかも、骨盤の中だけ効くようにします。もちろん、足は麻酔がかかっていないので、手術直後あるけます。すこし、ゆるい歩き方です。
手術中の痛みは、最近改良してからは、ほぼゼロです。術後は、自分であるいてベッドへ移動します。3時間もねると、しっかりあるけます。そのまま自宅にほとんどの人は帰られます。自分の家の方が、清潔で、慣れているからです。自宅で寝る前に、座薬を挿入して就寝します。昼、夕食は、食べることができます。
最近は、医師不足、ベッド不足で、混合病棟ばかりです。つまり、手術後の患者さんのとなりに、肺炎の患者さんが入院していることは、日常いつもです。ですから、こうして、完璧に麻酔をうまくきめて、慣れた自宅ですごすと、院内感染はありえません。おかげさまで、今年横須賀での患者さんでは、術後発熱をした人は、約90歳のいろんな病気のあった方1名だけです。

2008年7月2日(水曜日)

今月号の暮らしと健康(保健保健同人社)で、女性の尿もれの特集がありました。
今回の特集の診断・検査 と 手術の部分が、僕のインタビユーで書かれたものです。
下の絵のように、分かりやすいイラストになっています。

2008年7月1日(火曜日)
手術の時の手洗いは、基本的にもみあらい
をします。以前は、ブラシでごしごし磨いて
いたのですが、そのころは手があれてしまい
ブラシでこするたびにできた細かい傷に、
細菌がたくさんついて、なかなかとれませ
んでした。このために、アメリカ時代からこの
8年間はブラシをつかわず、手を保護する
ようにしています。おかげで、手術後の感染
が、ほとんど経験しなくなりました。

2008年6月30日(月曜日)
七夕の夜に一年に一度、天の川を渡り彦星と織女が出会う逸話はあまりにも有名です。古くは中国から伝わったとされ、万葉の時代には梶の葉に歌を書き、琴や琵琶などの楽器を供え、芸が上達するよう祈念しておりました。当宮の「七夕まつり」では古式に因み、神と人、人と人の「むすび」を祈願致しております。(鶴岡八幡宮の解説から)

2008年6月29日(日曜日)
この先生は、安田先生という女性で男性更年期の専門家で有名な先生です。帝京大学へ手術の指導を行くと、彼女の部屋におられます。用事ないけど、つい遊びにいきます。
いつお会いしても、僕には、学ぶところがいっぱいの人です。
昔からの友人のように仲良くしてくださいます。


2008年6月28日(土曜日)
最近は、直腸に取り組んでいます女性泌尿器科で、直腸というのも驚かれるかもしれませんが、膀胱瘤、子宮脱についで、直腸が落ちてくる直腸瘤は案外おおいのです。

2008年6月27日(金曜日)
今週の学生のみなさん

熱心に見学してくれてありがとう。勉強がんばってね

2008年6月26日(木曜日)
所在地 神奈川県横須賀市平成町3-5-1 客席数 テーブル・56席 / 座敷・16席
<TEL> 046-827-0141 駐車場 あり(100台)
営業時間 6:00~15:00 / 17:00~22:00
定休日 なし
  (休市日は11:00~) 平均予算 昼:680円 夜:2200円
問い合わせの多い『はま蔵』のデータです。横須賀にきたついでに食べたいという人がおおいです。


2008年6月25日(水曜日)
僕の手術の時の手術室の雰囲気は自分でいうのもなんですが、大変明るいです。アメリカ時代の手術室がとても明るかったので、真似しています。緊張すべきときは緊張して、力を抜くときは力をぬいて、メリハリをつけます。そして、手術がおわるとみんなで、”やったね”と褒めあうのです。僕がこの習慣をはじめたばかりのころは、言われた方が照れていましたが、最近は定着しつつあります。
考えてみると、手術は一大プロジェクトですから、あかるい雰囲気でするに限る!です。

2008年6月24日(火曜日)

現在、アメリカの医学部に行っている
学生さんが、見学に来てくれました。
がんばれ!

2008年6月24日(火曜日)
大仏様の額の真ん中は、なんと白い毛です

突然ですが、如来さまの髪の毛がくるくるしているのは、長髪だったのが突然くせ毛になったからなのだそうです。他にも、歯が40本あるとか、おでこのまん中のものは、白い毛がくるくる巻いてできているものなのだそうです。手には、水かきがあって、たくさんの人を救済できるんです。おもしろいこといっぱいです。

あなたが、もし女性泌尿器科のことでなやんでいたら、なんでもいいから笑ってみましょう。たのしんでみましょう。大仏様をみて、おもしろいいなあとおもうのだって、かまいませんよ。この話は、横須賀の高齢のおばさまたちには、とてもうけています。

2008年6月23日月曜日)
性器脱の手術では、海外の製品を使用するものが
最近全国的におこなわれています。すると、
自費でかなりの高額になるので、60万ぐらいする
ときがあります。
僕の手術の場合は、僕がいろいろ考えたオリジナル
道具を使うことで、日本の保険の使える道具を
もちいます。このことで、1割負担の人で、1万円
ぐらいから3万円ぐらいでおわります。
みんな年金で生活しているので、日本の制度を
できるだけつかう方針です。

(よこすか 安浦漁港)

2008年6月22日(日曜日)

日帰り手術室へ引き継ぐスナップ
『いっしょに頑張ろう』とみんなでかけ声
横須賀で今取り組んでいるのは、高齢者の手術です。とくに、
頚椎に病気があるとか、腰椎に病気があるなど、
いろんな症状を持つ人がいます。
今月、取り組んだ女性の一人は、80代後半の女性でした。
頚椎に病気があり、長時間手術の姿勢がとれません。
麻酔を考えても、かなりの高い危険があります。
その上、手術をしたのちに、何週間も寝たきりにしてしまうと
そのまま認知症になりかねませんし、少なくとも体力は
著しく低下して歩くこともできなくなるかもしれません。
正直、引き受けるのもためらいましたが、このような女性こそ
がんばらなきゃ!と思って、引き受けました。
麻酔は、全身麻酔でも下半身麻酔でもなく、神経ブロックで
おこないました。陰部の神経で、必要な部分を全部、短時間だけ
麻酔をかけました。これは、全身に及ぼす影響がとても少ないです。
そして、手術は全力で30分以内に、出血は20ml以下で、
メッシュによる手術を完投しました。
本人も大変がんばりました。
でも、超高齢者の方がすべてうまく出来るとは限りません。
その人、その人で、麻酔方法を、できるだけ軽くしたり、
時として、手術を2回にわけてでも、体力に無理がないようにするべきとおもいます。

2008年6月10日(火曜日)

担当してくれた看護婦さんと記念写真
今年の100人目の女性泌尿器科手術

本日4人の方の尿失禁と性器脱の治療をしました。これで、今年の1月から数えてちょうど100人目になりました。最高齢は87歳の女性ですが、元気に日帰りをしてかえりました。とても立派でした。


今年も無事100件がんばれました!折り返し地点。みなさん、ありがとう。


2008年6月1日(日曜日)
横須賀市立、帝京大学、獨協医科大学と3か所で活動をしているのは、待機期間を長くしたくないからです。現在、私のところには、ありがたいことに全国から患者様が相談に来られます。気を抜くと、手術まで2年待ちになりかねない状況です。そこで、なんとかしたいので、3か所の手術室で執刀をしております。
やがて、それぞれの手術室で私が米国で学んだと同じレベルの手術が実現するようになれば、より多くの患者様に協力することができるようになると思います。

2008年5月31日(土曜日)
獨協医科大学越谷病院では、
性器脱手術のメッシュ手術、尿失禁手術のTOT手術を積極的にしています
写真は、女性泌尿器科グループ
右2番目が奥井識仁(グループ・アドバイザーしてます)
一番左が岡田教授(グループ顧問)
左2番目が八木講師


2008年5月30日(金曜日)
今週の帝京大学の学生指導メンバー
熱心に見学してくれました。期待しています。がんばって!


2008年5月28日
←お弁当のさしいれをいただきました

今日の外来は、ますます新患の方がふえてきました。遠方の方もおおいです。だから、1回の受診で、2回分の価値になるように、いろいろ努力してます。

2008年5月27日
手術がおわると筋トレです。そして、寝る前に、本日の手術について、アメリカの師匠のビデオとみくらべて研究。カラダをきたえると本当にいいです。血行がよくなり、ずっと手術中にあたまの回転がはやくなります。
むかし、NHKのアナウンサーの鈴木健二さんが、こう言ったそうです。『本番直前には、自分は日本一だとおもって、自信をもって、自分をふるいたたせて、本番がおわったら、自分は日本一ヘタとおもって、おもいっきり反省しなさい』だそうです。
そこまでは、できませんが、でも、42歳をすぎて、客観的に評価できるようになってきました。

2008年5月26日
娘のピーターパン好きのために、我が家では留学中は、いろんなピーターパンのビデオをみていました。なかでも、大好きなのが、Cathy Rigbyのピーターパン。主演のキャッシーは、もとオリンピック選手で、抜群の運動神経んお持ち主です。このため、彼女のピーターは、本当に空をとんでいるような動きで、圧巻されます。

←手術前日に、このミュージカルの音楽をきくと、自分を奮い立たせることができます。



2008年5月
今年も夏休みを申請しましたが、2日間しか病院にみとめていただけませんでした。なぜ、こんなことを書いたかといいますと、弁当をもってきてくださる人が多いからなのです。

僕に夏休みが普通には許可されない理由としては、毎日泌尿器科を運営するのが市民病院の条件になるからです。他の多くの科が、どの医師も1週間夏休みをとっていますが、それはその科に何人も医師がいるからです。不公平といえば、不公平な話ですが、これが日本の現状です。僕は病院の中では泌尿器科医1人ですから、代診の医師がいません。

こんなふうに医師不足で、僕の仕事が過剰になっているのは、地元の皆さんに知られていて、外来で、多くの患者様が、僕の体調を心配されてこられます。夏休みもほとんどとれないのを、患者様から心配されるなど、このような状況は考えてもみませんでした。中には、わざわざお昼のお弁当まで作って持ってきてくださる方もいます。本当に、ありがとうございます。

みなさんのご心配に感謝します。僕は、暇をみつけては、運動、勉強、睡眠をとる努力をしています。毎回手術の前には十分の睡眠をとり、また週3日は寝る前には、筋トレをしてあたまの回転がはやくなるよう努力をしています。安心してください。

ある患者様は、僕の仕事から健康を案じて、お昼ごはんにシラスを持ってきてくださいました。

2008年5月11日

こどもの包茎

こどもの包茎が最近ふえました。よくみると、以前であったような絶対的に手術が必要なお子さんはもういなくなりました。いまは、ほとんど全員、お薬をつけて、包皮をのばして、そして、1年かけてすこしずつ剥離する方法です。きれいにしあがり、痛みもありません。
以前に、重症の包茎や尿道下裂のおこさんが、帰国直後は沢山あらわれましたが、手術でなおしたので、現在は僕のところにはいません。以前は、見栄えをよくするために、かなり努力しましたが、外来でマッサージでなおるなら見栄えはさらにいいです。
手術の傷が荒いと、それを気にして思春期に不登校になる子もいるとききます。きれいな感じでなおすのがたいせつですね。


2008年5月10日
横須賀は空がひろい都会です。・葉山・三浦・逗子・鎌倉を周辺にもつ中核都市です。
人口は、全部合計して70万人です。
総面積は、約170KM2です。僕が教えに行っている板橋区は50万人で36KM2ですから、
比較的広めの土地に東京並に多くの人がすんでいます。
横須賀にきた第一印象は、『きれいな都会』です。
横須賀の玄関の汐入、中央は、白くて、広くてきれいです。
横須賀の中心地の平成町にくると、この街が、
関東でもゆびおりの住みやすいニュータウンであることに気が付きます。
住んでいる人は、横浜や東京に仕事の拠点をもちます。品川まで44分なので、近いですね。
ニュータウンには、海があります。ショッピングモールもあります。
そして、ふるくからあるマグロのおみせなどがあり、物価もとても安く、
なにより空気がきれいです。歴史と下町の雰囲気があります。
漁港についたとたんに、気持ちいほどの魚の臭いがします。空気が透明です。
車の排気ガスや花粉がきても、太平洋のかぜが、一瞬で飛ばしてくれます。

2008年5月
横須賀にまではるばる来られた方から、
『おいしいお店をおしえてください』としばしば質問されます
はま蔵 というお店
魚おろし売り場のとなりの新鮮なマグロの店


2008年5月18日(日曜日)
やっぱり僕は、水が好き!
久し振りの日曜日、スポーツを
してカラダのケアをはかりました。
乗馬を最近しはじめたのですが、
どうも時間的都合があわないどころか
向いてないように思いました。
手術・診療をしていくうえで、頭痛もち
の僕が、頭をしっかりつかう運動は
水泳ですね。海のDNAでもあるんで
しょうか?水の中では、リラックスできます。
この日は、25mダッシュ40本、
50mダッシュ40本、個人メドレー10本
最後にカメのようなゆったり遠泳2kmをしました。

2008年5月17日(土曜日)
横須賀市市民講座(ヴェルク横須賀)にて、横須賀市の泌尿器科医師があつまり
一般市民向け講座をひらきました。
私の担当は、15分間のもので、骨盤底筋体操の説明でした。



ところで、私がしているストラップですが、横須賀市の市制100年のもので
『横須賀が好き!』と書いてあります。今回、こっそりしておりました。

2008年5月16日(金曜日)
今週の帝京大学の学生指導メンバー
見学してくれてありがとう。勉強大変だけど、がんばって


2008年5月14日(水曜日)
今週の読売医療ルネッサンスにて
今週の読売医療ルネッサンスにて

この骨盤のモデルは、骨盤底にメッシュを挿入する手術専用の自作です骨盤の中の靭帯の場所がわかると、治療がよくわかるのです

2008年5月13日(火曜日)
この写真は、ハーバード大学医学校です。まるで、ローマの神殿か、博物館といった感じでです。→




2008年5月ゴールデン・ウイーク
ゴールデンウイークに昼寝してすごしました(1日だけです)
愛犬(チワワ)が腕枕でねていました


2008年5月5日(月曜日)
気分はぐるぐる

ゴールデンウイークだというのに、休日がなくなり働きにでた。20代、30代から引き続き、休む日がないのは、どの職業でもおなじだろうなと思う。さて、その僕の楽しみは、自分の娘の成長をみることなのですが、仕事中の僕は、娘に会えない分、娘にそっくりな子をみつけました。
NHKで毎週月曜日に放送している『気分はぐるぐる』のテーラーちゃんである。実に、娘そっくりです。この番組は、英語ではMoritifiedといい、直訳すると『服従されたとか、困難をあたえられた』と訳すべきですが、モーイヤとおもうような感情を意味しているとおもいます。『ぐるぐる』とは、なんともいい翻訳だと思います。
連休のない僕も、『モー!気分はぐるぐる』。

2008年5月2日(金曜日)
帝京大学女性泌尿器科グループ

帝京大学医学部では、性器脱手術のメッシュ手術、尿失禁手術のTOT手術を積極的にしています
膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤、直腸脱、尿失禁、便失禁、なんでも頑張っています
写真は、女性泌尿器科グループ
手前左が奥井識仁(グループ顧問してます)
手前右が上山講師(グループ・リーダー)

2008年4月
横須賀にまではるばる来られた方から、
『おいしいお店をおしえてください』としばしば質問されます
ベイリーフ というお店
水曜日はレデースデイで女性は安くなります
1000円もだすと、かなりのボリューム
写真はマスターです


2008年4月21日(月曜日)
尿失禁の話題です。
TOT手術はおすすめです。
現在の先端手術はTFSだけど
TOTの方が安定しているように
おもいます。
TOTは、股間の間にある閉鎖膜
という強靭な膜にテープを通して
固定しますが、手術がやりやすい
のがとても良い点です。
僕は、尿失禁の手術は、どんな術式
もなれているのですが、TOTは
とてもやりやすいし、効果的。
最近は、TOTでもいろいろ術後の
問題や長期成績の悪さがあるとの
問題がでてきましたが、それは
手術をする人の熟達度に関係している
と思います。
なお、僕の場合は、保健適応材料を
僕のオリジナル道具でしますので、
自費で40万円ということはなく、
国保1割負担の人で2万円弱です。


2008年4月20日(日曜日)
尿失禁の最近の話題(横須賀)

横須賀市立うわまち病院では、尿失禁手術のTOTとTVT手術を積極的にしています

軽度な尿失禁では、ミニ・スリングをしております。TOTやミニスリングは痛みはあまりありません。この2つは、手術道具そのものが保険が通っていませんので輸入して実施すると自費でおこなう施設はおおいです。大体、支払い実費20万から40万ぐらいとおもわれます。当院では、保険適応材料を使って、私が工夫した道具でおこないますので国民健康保険が使えます。日帰り手術で上手くできた場合で支払いは、2万から4万ぐらい(1割負担の方)、6万から12万ぐらい(3割り負担の方)になります。私が工夫した道具では、術中の痛みなどは輸入製品と同じぐらいです。


                この手にしているのが、テープです



2008年4月17日(木曜日)
頭と体の体操です

チェスを娘とよくします。完全に負けてしまうことが、しばしばあります。チェスは、もともと100円ショップにあった安価なものを、僕が偶然購入して、娘とはじめてはまりました。その後、ハリーポッターや、ゲーリーじいさんのチェスというアニメをみて、ますますチェスが好きになり、娘と研究しています。

←youtubeでみつけたヨガの映像。あたまの体操のあとには、ぜひヨガで体のリラックス!

2008年4月16日(水曜日)
大英博物館のチェス

これは、とうとう買ってしまった
チェス駒です。大英博物館にある
ルイス島のチェスというものです。
たいへん芸術性にあふれていて
歴史的なチェス駒の複製品です。
チェスの勉強が手術に役立つとか
そんなこと申しません。
単に欲しかった。


2008年4月15日(火曜日)
横須賀市立うわまち病院(神奈川県横須賀市)
横須賀市立うわまち病院(神奈川県横須賀市)にてミニ・スリング(アレンジしたもの)手術が軌道にのりました。
ただし、個人輸入して自費診療するものではなく、私が保険適応の材料でアレンジしていますので、国民健康保険で行うことができます。理論は、まだ企業秘密ですが、いままでの尿失禁手術でも、かなり軽くできるようになります。
この絵のように小さなメッシュを挿入挿入するものでいままでより出血が少ないです

2008年4月14日(月曜日)
スポーツジム

家のそばにスポーツジムができたので、入会しました。体をしっかりきたえて、外来と手術を乗り切れるように頑張ろうとおもいます。この写真は、ジムのインストラクターさんと一緒にとったものです。


2008年4月12日(土曜日)
← スワンベーカリーのアップルデニッシュ
90円。県立大学駅にあります。
これひとつで、おなかは大満足になれます。
受診の際は、一度おためしください。

2008年4月11日(金曜日)
帝京大学病院(東京都板橋区)
にて排尿・排便障害に対する手術の取り組みがはじまりました
横須賀市立うわまち病院で軌道にのった術式を
帝京大学へ導入した形です

来年には、こんなきれいな病院になるそうです

2008年4月10日(木曜日)
母校の図書館

昔の写真を整理していたらでてきました。
これはハーバード大学医学校の図書館です。
毎日、時間をさがしては、図書館に行きました。
世界中の医学書があるので、とても楽しかった
です。すぐに、わからないところを紐解くことが
できました。これだけ充実した勉強だけに没頭
した日々は、忘れられません。

2008年4月4日(金曜日)

鎌倉・段葛の桜(鶴岡八幡宮
帝京大学講師を兼任します

帝京大学病院(東京都板橋区)
の帝京大学医学部講師に就任(兼任)しました。今後は、
東京都、神奈川、千葉、埼玉の地区
および全国の方に対応できるチームの指導を通じて
みんなで、女性泌尿器科の患者様へのケアに取り組んでいきます
帝京大学ではすでに、いろいろな大学でも対処できなかった
難しい方への手術に成功してきております。

2008年4月2日(水曜日)
60時間連続で仕事中(ふー疲れた)

やっぱり医師不足ですね。近くの総合病院の泌尿器科の人数のバランスの問題で、どんどん仕事がふえています。家にかえっても、ほんの1時間程度。きついですね。でも、がんばります。尿失禁、性器脱、便失禁が、ますますふえてきているし、救急もふえています。一人で勤務しているので、大変です。もう一人でも医師がいるといいのですけどね。泌尿器科は、世間ではしられていないけど、すごく医師が少ないので、全国みんな一人で頑張っている状況です。


2008年4月
今年もしっかりとした手術が
できますように、
鶴岡八幡宮に祈祷してきました

2008年4月1日(火曜日)
横須賀で、重症の便失禁の手術に成功しております。
これまで10人以上の成功をおさめ
便失禁分野にて安定してきました。

よこすか うみかぜ公園

2008年3月30日
お知らせ

横須賀市立うわまち病院の外科が一斉にやめて
しまったことと、消化器科が一人になってしまった
ことで、便秘、下痢、便失禁の患者様が、たくさん
泌尿器科に通院されていました。
僕も尿失禁、性器脱の患者様がたくさんいる中、
なんとか頑張ってきました。
おかげで、軌道にのっています。

病院の外科にあたらしい先生がこれらて、新しく
外科がはじまりました。
いままで、僕のところで、便秘、下痢で、通院した
方は、引き続き診療してもかまいませんし、
あたらしい外科に通院されてもかまいません。
どうぞよろしくおねがいします。


  

2008年3月29日
横須賀の街

東京からは少しだけ距離がありますが
横須賀は、きれいな街です。
この写真は、JR横須賀駅のすぐ前の公園
です。

2008年3月29日
獨協医科大学の執刀のあとに、薬師寺展を見学しました。


獨協医科大学講師を兼任します

獨協医科大学越谷病院にて大変高度な性器脱手術に成功しました。この大学でもこれから、女性泌尿器科のスタッフ(大学病院講師)として指導をつうじて一緒に取り組みたいとおもいます。獨協大学病院講師に就任(兼任)しました。

2008年2月26日
バランス呼吸法


ピラティスは、はっきりいって、ウエストがすごく細くなります。女性泌尿器科でとりいれるには、おすすめ。ただし、骨盤底筋体操を正しく出来ている事を、病院で確認してからにするといいとおもいます。
ピラティスでは、腹式呼吸でも胸式呼吸でもなく、全身を使うバランス呼吸法なのです。
(1)楽な姿勢で座ります。
(2)鼻から息を吸い、お腹が少しふくらむのを確認し、次にそのふくらみを肋骨のほうへ移動させます。空のコップにどんどん水が入っていくイメージです。
(3)口から息を吐きながら、肋骨を閉じて折りたたむような感じで行い、胸骨が少し下がり、お腹も背骨に近づくような感じを確認します。体のコップの水がどんどん無くなっていく様子をイメージしてください。ジーパンのジッパーを上げるときにお腹をへこませますね、あの感じです。おなかぺっちゃんこです。
(4)朝目覚めたときや夜寝る前など、気がついたときに試してみてください。


2008年2月25日

ヒップロールズ

  • 背中と骨盤回りの筋肉をほぐして背中の動きをスムーズにするエクササイズ。
  • 骨盤から背骨にかけてひとつづつ順番に床から話していくのがポイント。
  • お腹とおしりを引き締める効果があります。

2008年2月24日

ローリング・ライク・ア・ボール

  • 膝をかかえ、背中を丸めてその名のとおりボールのように後ろへ転がり、起き上がってきます。
  • お腹のひきしめながら、反動をつけずに起き上がりましょう。
  • 背中のマッサージ効果があるのでカチコチ背中もしなやかになります。

2008年2月23日

スパインツイスト

  • 背筋をピンと伸ばしゆっくりと体をひねります。
  • ウエストの引き締め効果や便秘解消等内臓の働きを活発にする効果があります。
  • 反動をつけずにゆっくりと息をはきながら行いましょう。

2008年2月22日

C‐カーブ

  • 堆骨をひとつひとつ曲げて、背中に自然なカーブをつくります。
  • ピラティスの基本的な動きのひとつ。
  • お腹をひきこむようにして骨盤を後ろに傾けます。スムーズに出来るよう何度も繰り返してみましょう。

2008年2月21日
女性泌尿器科では骨盤の冷え対策が重要

骨盤の冷えでなやんでいるかたは、しばしば頻尿・陰部の不快感などで苦労しています。みなさんに、寝る前にヨガかピラテスをすすめています。日の終わりにピラテスを行えば、骨盤の血行改善ができて、心身の充足感を得ることができます。まずは、ただぼんやりすわってみて、自分の好きな風景を思い浮かべてみてください。頻尿で、抗コリン薬をのんでもなかなか治らない人は、寝る前のヨガだけでも、改善しますよ

僕なら海を思い浮かべてヨガします→


2008年2月

横須賀市立うわまち病院(神奈川県横須賀市)にて講演

80歳代後半で、心臓のわるい患者さんたちの手術に安定して
成功してきました。
大事なことは、1回ですべてをしまそうとよくばらず、
こつこつと治していくこと。
1度にすべて直そうとするとたくさん出血しますが
何回かにわければ、それぞれ出血50から10ml程度でできることも多いです

左の写真は、便器の座り方を説明しているところです。この理想的な形が右の考える人です
国立西洋美術館に行くと考える人に会えます



2008年1月18日(金曜日)
東京都板橋区で最初の3人のaIVS+pIVS手術執刀してきました

帝京大学病院(東京都板橋区)
にて、3人の患者さんのTVM手術が無事終了しました
東京都、神奈川、千葉、埼玉の地区および全国の方に対応できるチームが軌道にのりました
もし、手術希望の方で、こちらの方が近い方は、帝京大学泌尿器科(女性泌尿器科外来)を受診ください。なお、執刀は、私・奥井が希望の場合は、そのようにうけつけの際に医師に希望されてください


みんな僕の手術を一生懸命勉強しようと熱意があります。この熱意が、術後の患者様のケアにつながります

2008年1月16日(水曜日)
進行がんだからといって、
『なにかあるといけないから、、、』
というのは、好きじゃないです。
僕のところにも、多くの進行がん
の方がいます。
僕は、がんを撲滅することよりも
共存しつつ、人生をたのしめるように
サポートをしてきています。
つらい日は、連続して毎日きてくれれば、
神経ブロックなどいろんな方法で
痛みをおさえる努力をします。
そしてあとは、その人の好きに時間を
つかうのをすすめます。
(写真は、カメラの会社のフリー画像から)

2008年1月
横須賀にまではるばる来られた方から、
『おいしいお店をおしえてください』としばしば質問されます
観音埼ホテルの浜木綿 というお店

受診にこられた方から聞いたもので、僕は行ったことはありません
東京湾をドーン!と一望できるオーシャンビュー。
お昼のバイキングが人気とのこと

2008年1月13日(日曜日)
チェスが好き

3年前にはじめたチェス
親子ですっかりはまって
しまいました。
いまだにお互い弱いのですが
おもしろいですね。いつもチェス
盤をもちあるくようになりました。
写真は、おおみそかの列車の中で
娘が一局勝って、その記念に
撮影したものです。
写真にはありませんが、娘は
勝ち誇った顔をしていました。

2008年1月12日(土曜日)

埼玉県内で最初のTVM手術執刀してきました。

獨協医科大学越谷病院にてはじめての執刀
これからは、千葉・埼玉の方でももっと対応できるようになりました
この地区では最初のTVM手術になりました

南越谷駅から歩いて5分のきれいな病院です

2008年1月
おべんとう有難うございます

横須賀市立うわまち病院の事情で、他の科が医師が数人以上充実しているのに、泌尿器科がたった一人の運営で、本当にみなさんに、ご迷惑をかけてすみません。僕を心配してくださる手紙をたくさんいただいています。

当院の平均では、一人の医師は1日の外来が20人そこそこですが、僕は、1日の外来は、80人前後です。

泌尿器科以外は、午前2時ごろには、ほとんどおわっていますが、泌尿器科だけは、午後5時、6時と、とてもおそくまでかかります。

できるだけおまたせしないよう、外来前に予習して、説明文を作製しておいたり、がんばっています。手をぬいた外来だけはしたくありません。時間がかかっても、受診のかいのある外来をめざしています。どうか、ご理解ください。


僕が、あまりに忙しいので、お弁当をいただきました。
  

2008年1月
JR横須賀駅は、階段のない駅です
この駅からはバスもしくはタクシーになります
駅の正面には、が広がります
軍港横須賀という印象があります

駅の前の公園では、広場を中心にフランス式花壇や噴水、洋風あずまやなどが設けられ、
フランスの品種を中心とした31品種・約2,000本のバラが彩りを添えています。
海沿いには横須賀本港を一望できるボードウォークがあり、
潮風の中で散歩を楽しめます。(横須賀市のホームページから)

2008年1月12日(土曜日)
おいしいパン

県立大学駅にあるスワンベーカリーのセサミチーズブレッド 200円 →

かなりのボリュームがありますので、これを食べるときは、このパンひとつでおひるは十分とおもいます。

2008年1月11日(金曜日)
流鏑馬のおしゃれ

おしゃれというのは、とても大切です
適当な格好をしていると、心も適当になってしまう。
丁寧な診療には、外来でわたすプリント1枚にしても
おしゃれであるべきだと思うのです。
医師の服は、白衣ときまっていますが、
僕は、いつもアメリカの白衣を使用して、
白衣には刺繍をいれておしゃれしています。
白衣は上着が6枚、下着が6枚あって、
まいにち洗濯をしています。
決して、前の患者さんの診察でよごれたままの
服では、次ぎの患者さんはみない。かならず
あたらしいものに着替えて、きめます。
手術の時の帽子は、清潔であればいいので、
実はなんでもいいのです。
だから、帽子は、アメリカのようなオリジナル帽子を
6個用意していて、手術の度にかえます。

おしゃれの基本は、日本のきものです。
神社に奉納するような古式の武家のきものを見て
ください。現代にないようなおしゃれをしています。

2008年1月10日(木曜日)
カブをたべよう

別名はすずな。かわいい名前の植物ですね。根には、炭水化物の消化を促進するシアスターゼやアミラーゼを含むので、のみすぎ、たべすぎに、良くききます。カブの葉には、ビタミンA,B1,B2、Cなどのビタミン類がたくさんあります。とくにビタミンCは、オレンジの3倍です。とくにカルシウムがおおいのが特徴です。いらいらするときなんか、カブをすすめます。民間療法には、円形脱毛症の治療にもつかうとのことです。


2008年1月
お知らせ:日帰り手術について

横須賀市立うわまち病院では、医師不足、ベッド不足の、今の日本の現状どおり
尿失禁、性器脱の手術が、入院できずにおりますが、そのことで、
はやくから日帰り手術にとりくんできました。
奥井識仁が麻酔もかけますが、東大時代の友人にいろいろ教えていただいたり
して、日帰りの独自の麻酔も上達しました。いまや、日帰り目的の麻酔だけなら、
かなりよいレベルでおこなえます。
日帰りにとりくんだことで、認知症のある高齢者、つまり、80代、90代の手術
も成功しました。彼女たちは、たとえ1日でも入院すると、そのストレスで
せん妄がでて、認知症がひどくなります。それが、日帰りではまったくでないです。
自分の家にかえるから、当然のことですね。
どうぞ、リスクがあるからといえ、マイナス思考はされずがんばりましょう。


  


2008年

2006年の年末に放送した内容です。再放送のリクエストがおおく
また放送されたそうです。ありがとうございました。

赤坂TBSでの録音前の様子です


2008年1月
お知らせ:外科医が一斉に退職したことについての対応

横須賀市立うわまち病院の外科の医師が全員一斉に退職したことで
泌尿器科医の僕が、自主的に外科系当直を、数多くこなすようになり
ました。すでに、昨年末からしております。このため、ちょっとくたくた
気味です。事実上の2人分か3人分の仕事量になりました。

泌尿器科の運営が、一人なので、僕の外来だけでも、時間がかかり
みなさまにご迷惑をかけていますが、病院全体の事情もあり、
がんばりますので、どうかご理解をおねがいします。


  

2008年1月
コンピューターをもちいて手術をしているところです。

泌尿器科の医師ですから、内視鏡を挿入して、
おなかをきらずに手術するのが基本になります。

なお、この帽子は、小児の手術用につくったもので、
小さいお子さんに、なかなか好評です。メガネは、
アメリカ製のメガネ保護カバーです。カッコ良く
ないけどそれなりに、みやすくてよい感じです。

2008年1月7日
便失禁と直腸瘤の手術が、すごく得意になりました (横須賀にて)

人生はわからないものです。医師不足から僕の病院の消化器科医が5人から1人になってしまいまして、ずいぶんたちます。僕だって、泌尿器科医1人でがんばってやっているのに、病院ときたら、『消化器科は大切だから、みなさんで消化器科をカバーするように』と何度も朝礼で紹介していました。そのために、泌尿器科に、便秘の人、便失禁の人が、どんどんおしよせて、僕の体がもたないぐらいで、苦労していました。
たまたまですが、僕は、便失禁のあたらしい手術方法をおもいついたのです。そこで、その方法ですると、とても治りがよくて、いまや、どんどん手術でなおしているのです。昨年までで、便失禁は、尿失禁とならぶ僕のとくいわざになってしまいました。
よく調べると、便失禁と直腸瘤は、婦人科なのか、直腸科なのか、わからないようで、世界的に専門の医者がおりません。アメリカの師匠も、『それだけの数の患者さんの手術ができれば、世界一かも』と励ましてくれました。
それなら、直腸瘤や便失禁も、どんどんなおすぞーーー!!

2008年1月4日
今年の最初の手術

昨年に引き続き、ことしも安定した手術がしたいとおもいます。今年の最初の手術も女性泌尿器科の手術でスタートしました。どうぞ、よろしくおねがいします。

新年第1号を介助してくれた看護婦さんと記念写真。


2008年1月1日
あけましておめでとうございます

お正月は奈良の大仏様にお参りしてきました
今年も、上手な手術ができますように