2008年の更新情報

2008年9月28日(日曜日)
http://www.uro-gyn.net/
よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック
  ~~~~女性も男性も骨盤の悩みに取り組もう~~~~

開院にあたりのお願い
9月29日より10月30日までの間、横須賀市立うわまち病院での新患をうけることができません。
大変もうしわけありませんが、11月のクリニック開院までおまちください。
開院日
2008年11月17日(月曜日)朝8:30からです

2008年9月14日(日曜日)
帝京で手術をした患者さんから手紙

和紙にいっぱいに、墨絵がかいてありました。すごくステキです。
ありがとうございます。うれしいです。

2008年9月13日(土曜日)
ここが僕のクリニックができるところです その②

こちらはクリニックの地図です。県立大学という駅から徒歩10分です。クリニックのすぐそば30秒で、”小泉総理の家”「があります。ですから、県立大学に着いたら、「小泉総理の家はどこですか?」と聞くと、地元の方ならすぐわかります。

開業日は、11月17日(月曜日)

2008年9月12日(金曜日)
鉄筋が入り始めました

『すみだし』で動作の確認をしました。チョークの図面の上を、なんども歩いてみて、つまずいたりしないか確認をくりかえして、鉄筋をいれる直前にも図面を修整しました。そして、とうとう鉄筋がはいりました。

この日は、ちょこっとだけ、自分のクリニックをみたら、当直でした。最近は、当直は1時間もねれたらいい方ですね。そこで、午後3時間だけ有給をとって、筋トレをしました。



2008年9月9日(火曜日)
今日は、3人のTVM手術(日帰り)

今日は、3人の方の治療でした。ありがたいことに、みなさん元気でかえられました。特に元気なのは、70代後半の方。術後、すぐに歩くころができました。手術直後から元気にあるくのは、本人が『なおそう』というやる気がないとなかなかできません。年齢に関係なく、がんばろうとされる人はとてもおおいです。

2008年9月6日(土曜日)

ここが僕のクリニックができるところです①

僕が選んだのは、横須賀のもっとも新しい街 平成ニュータウンです。電線はすべて地下にあり、東京・神奈川・千葉で、もっともあたらしいニュータウンです。このビルの3Fが僕のクリニックになるのです。さすが横須賀で、空がきれいでしょ!潮のかおりがして、空気がきれいなのです。

ちなみに、品川へは京浜急行で直接44分でいくことができます。バス停から1分です。京浜急行の駅『県立大学』から10分です。

なんといっても、手術室をつくります。女性泌尿器科専用の手術室です。


開業日は、11月17日(月曜日)

2008年9月5日(金曜日)
帝京大学にて指導しました。

実のことをいうと、この時点で70時間以上連続で働いています。倒れそうですが、あいた隙に、1時間寝たり、なんとかしてしのいでいます。当直というわけではないのですが、市民病院の部長なので、どんどんくる急患をすべてみないといけない横須賀市のルールになっているのです。
その後、帝京大学へ移動。2件の手術指導をしました。手術直後になおった患者さんの笑顔をみたら疲れも飛びました。横須賀への帰り道は、自分のご褒美にグリーン車にのって寝ました。


2008年9月2日(火曜日)
今日は2件のTVM手術など、女性泌尿器科3件 (横須賀にて)

今日は、TVM手術と古典的な手術でした。どの方も、短時間で手術がおわりました。最近は、メッシュ手術がはやりで、いろんなところでメッシュをはじめていますが、メッシュだけではありません。いろんな古典的な手術術式が有効なケースもたくさんあります。たとえば、この絵の膣前壁縫縮術。これは、僕は、20分で前後で、手術できてしまいます。とても体が軽いですほとんどは、局所麻酔で、本人に痛みはほぼありません。はやくても、視野がとりやすいので、ミスもすくなく、再発率も、僕の場合は10%前後とたいへん良好な手術です。かたよった考え方をしていると、こんなふうに、人工物なしでも完治することをみおとします。