排尿日誌
  実際家でどんなようすなのかが大切になります。そこで、家庭で排尿を日記にとっていただきます。
書き方の詳細は、こちら


奥井識仁 @ 泌尿器科専門医・指導医(女性泌尿器科専門医)

ホームページにもどる


「子宮脱」子宮脱は非常に身近な病気。海外では50歳以上の女性の半数がなる。最近では、尿漏れの原因としても注目されています。
 子宮脱とは、その名のとおり子宮が下垂して腟の中外に脱出した状態です。子宮や膀胱、尿道、直腸など、骨盤の中にある臓器は、骨盤の底にある筋肉や筋膜、じん帯など「骨盤底筋群」によって支えられています。こうした組織がゆるんでしまうと、骨盤内臓器の位置が下にずれてきます。つまり、だんだん下に下がって腟の中に落ち込み、ちょうど腟を裏返すような感じで、外に脱出してくるのです。これを、性器脱と総称します。この中で、子宮が脱出したものを、子宮脱と呼ぶわけです。
 まれに先天的に骨盤低筋群がゆるい場合もありますが、妊娠や分娩、閉経に伴う女性ホルモンの欠乏などがゆるみの原因と言われています。脱出した臓器によって、次のような呼び方をされています。


 子宮が腟の中に落ち込んだ状態が子宮下垂、さらに腟から体外に脱出した状態が子宮脱。子宮頸部の前後には膀胱と小直腸があるため、膀胱瘤や小直腸瘤を伴うことも多いものです。


 腟の前側には、膀胱と尿の通り道である尿道。これを支える骨盤底筋群、尿道が腟に落ち込んだものが尿道瘤で、膀胱が落ち込んだのが膀胱瘤です。どちらも、尿漏れと深く関係しています。


 子宮の後ろ側には、窪み(ダグラス窩)があり、その後方に小腸や直腸があります。この窪みから小腸や直腸が腟の中に落ち込んだのが小腸瘤と直腸瘤です。ちょうど、腟の後ろ側の壁が、瘤のようにふくれあがり、ひどくなると腟が裏返しになって、体の外に脱出してしまうこともあります。

診断は、立位や寝た状態で腟の状態を観察することで行われます。




 下腹部の緊張感や腰痛、便秘、おりものの増加などの症状がありますが、最近とくに注目されているのは頻尿(トイレが近い)や尿もれ、排尿困難などとの関係です。
 尿漏れには、クシャミなど腹筋に力が入った拍子に尿が漏れる腹圧性尿失禁、トイレまで間に合わない切迫性尿失禁、脳卒中の後遺症などから起こる機能性尿失禁などいくつかの種類があります(尿失禁の項参照)。このうち、一番多いのは腹圧性尿失禁ですが、これに密接な関係を持つのが性器脱です。性器脱の患者さんは、自分でそれと自覚していないようなレベルのものを含めれば、75%が尿漏れを伴うという報告もあります。
 腹圧性尿失禁には、骨盤底筋群のゆるみも関係していますから、性器脱を伴う人が多いのもなるほどうなづけます。とくに,性器脱でも膀胱瘤や尿道瘤が尿漏れと関係が深く、腹圧性尿失禁の大きな原因のひとつになっています。また、下垂がひどくなると、逆に尿が出にくくなったり、頻尿になったりします。さらにひどくなると、尿が出なくなってしまい、しばしば膀胱炎の原因や腎臓の働きに障害をきたすこともあります。




 性器脱があるといっても、腟の中程まで臓器が落ち込んでいる程度で、とくに症状がなければ治療を行う必要はないとされています。

 しかし、尿もれなどの症状があれば、治療が必要です。この場合、腹圧性尿失禁の改善法として知られる骨盤底筋訓練法は、軽度の尿漏れには効果がありますが、脱出した臓器を元に戻すほどの効果は期待できません。
 そこで、基本的にはペッサリーの装着か手術かを選ぶことになります。性器脱の程度や症状、年齢、持病の有無など全身状態、そして患者さん自身の希望によって、治療法を選択することになります。


 
 基本的に、性器脱では骨盤内の臓器がそれぞれ下垂気味なので、これらを支える筋やじん帯を腟の方から修復します。これが、腟式骨盤底修復術です。
 実際には、下垂した子宮を丸ごと摘出する子宮全摘術や膀胱瘤などで膨らんだ腟の壁を修復する手術などを状態に応じて組み合わせて行うことになります。子宮全摘手術のかわりに、子宮の入口部分(頸部)を切断して子宮を短くし、じん帯で固定するマンチェスター手術もあります。また、妊娠を望む若い女性には、妊娠能力を残して臓器を固定する手術もあります。逆に、高齢の女性には、体へ
の負担が軽いという意味で、腟を閉鎖する手術が行われることもあります。
 こうした修復術によって、大半の人で尿漏れがなくなります。ただ、逆に修復術を行ったあとで、手術前にはなかった尿漏れが出現するケースも存在します。これは、もともと膀胱瘤がひどくて尿が出にくくなっていた人が、修復手術によって改善された結果、隠れていた腹圧性尿失禁が表に出てくる場合などがあると考えられています。
 こういう場合は、さらにTVT法など尿失禁を治療する手術が行われます。